野生動物を食品としてもっと活用しよう

人間の数は急速に増加しています。

本来、人間も自然の中で暮らしていれば、寿命もそう長くはありません。
事故で死ぬ確率や、他の動物に襲われる確率も高くなり、これほどまでに増殖することはなかったでしょう。しかし、百年後、二百年後には、新興国の経済成長も行き着くところまで行き、地球の人口は減少していると予測されています。

エキサイトニュースの口コミ情報を参考にしよう。

同じように、他の動物の数も、天敵の有無などにより変動します。

例えば、小笠原の島々の中には、人間が持ち込んだヤギが異常に繁殖して、島の植物が食い尽くされ、禿山のようになってしまったところもあります。



日本の他の地域でも、イノシシや鹿が農作物を食い荒らし、被害の出ているところは少なくありません。そこで、害獣駆除ということになるわけですが、こうして駆除された鹿やイノシシが全て食品として利用されるわけではなく、単純に埋められることもあるのです。農作物にとっては害獣でも、そうした動物も立派な生き物ですし、食品として利用できるわけですから、もっと活用されるべきでしょう。


自然の中で生きてきた動物は、もともと食品として飼育された動物のようにストレスを感じて生産されたものではないため、栄養分に富んでいて、おいしいのだと言います。私も旅先で、野生の鹿やイノシシ、トドなどを食した経験がありますが、どの肉も普段食品として使われる、牛肉や豚肉などとは一味違っていて、なかなかおいしいものでした。
こうした野生動物を食品として利用するには、継続的な供給が難しいというハードルがあります。

食品工場で生産する食肉とは違っていて、供給が安定しないので、流通や販売に波があり、提供しにくいのが課題なのです。
この点では、インターネットでの直接販売が課題の解決につながる可能性があります。

一つ上の赤城牛に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

野生動物肉の入荷があるときに顧客に連絡、そしてネット上での販売をし、直接消費者に届けるのです。

このような取り組みが一般化すれば、カロリーベースで低い日本の食料自給率の向上にもつながりますし、環境問題改善にも貢献できます。